人生暇つぶし

恩師である教授の口癖。人生暇つぶし。学問暇つぶし。

1日の4分の3は寝た、疲労回復はしなかった

大人しいADHDだと言われてからいろいろと調べてみると、どうもADDに当てはまりそうだ。多動性に関しては、常に小さくごそごそしているが、席に着いていられないだとかはない。アスペルガー自閉症は、発達障害としての共通傾向はあれど、ルールが厳しくなるとミスが増えるので、当てはまらない。感覚過敏は今もあるけれど、これはおそらく共通傾向。
今日も、会計を済ませていたら後ろに並んでいた女性の距離が近くて、臭いで吐きそうになりヒールの音や声で頭が痛くなった。触れられているわけではないのに、音や感覚で距離の近さがわかって鳥肌がたった。横は案外平気だけど、前や後ろに立たれると怖い。目測で80cmくらいの距離にいたと思うので、混雑した空間でもないのに個体距離に入ってしまったのが苦痛だったんだろう。
マスクとサングラスをよくしているけれど、ふいに撮られた写真があまりにも不審者で、どうしようかと迷っている。通学時は加えてイヤホンに日傘だ。最近は日差しが強いので目が痛い。マスクをしなければ不審者度合いが下がりそうなものの、マスクの防御範囲は広いので一番外せない。外出しないのがいいんだけど、そうもいかない。困った。
いろいろと気兼ねなく生きたいものの、そうは問屋がおろさない。
部屋にいると踊ったり歌ったりできる。踊るといってもストレッチとコンテンポラリーダンスの中間みたいなもので、好きに身体を曲げているだけ。歌うのは声が元々小さいのでほとんど聞こえない(はず)。服もきちんとしたものを着なくていいし、姿勢だってぐにゃぐにゃだ。暗闇の中で作業をしたって誰からも怒られないし、自分のペースで進めることができる。水を飲みながら本を読めるし、寝落ちすることだってできる。音にも臭いにも光にも視線にも、苦しまなくて済む。
ADHDは砂糖と添加物に相関があるらしい。タール色素と亜硝酸ナトリウム。菓子類アウト。ワンアウト!ツーアウト!スリーアウト!ADHDっておそ松さんの十四松を想起させるんだよな。おそ松さんは頭空っぽで観れるからいい。アニメもドラマもあんまり観ないけど、おそ松さんは珍しく観てる。タール色素は少し前にキュレーションサイトでも話題になってたと思う。キュレーションサイトの記事のタイトルってなんであんなにイラッとするんだろう。砂糖も添加物もどちらの影響もあるだろうけど、それ以上に
お菓子を食べると味覚が死にゆくのでどうにかしたい。そもそも美味しいとは全然思わないので食べるのをやめたい。歯固めや代替的自傷行為のために加工食品を買うのをやめたい。食べた後に口の中がなんとも言えない変な味と痺れが残るのも炎症が悪化して寝られなくなるのも、わかっていて食べるのは依存症以外の何物でもない。
自分の身体の場合、拳一個分の量を食べれば本来は十分お腹が膨れるんだけど、胃がバカになってるからちゃんとホルモンを分泌してくれない。分泌してるとしたら受容体がバカになってる。治れ。